格安スマホにして大幅コスト削減に成功!

現在は在宅ワーク兼家事従事者ですが、会社で正社員をしていた頃、月収の手取りが15万平均ほどだったのに、スマホの代金が8000円から12000円ほどかかるのはあまりに高額であるという印象は常にありました。

 

私は年代的に、初期の携帯電話が普及しだす前に正社員になったのですが、初期の携帯電話はあまり機能がなく、本体が0円だった上に、月額も2000円代だったため大して圧迫感はありませんでした。しかし、パケット通信が導入されてからどんどん高額になり、どんなに節約しても基本使用料を数千円以下にすることができなくなってから、自分はヘビーユーザーというわけでないため、スマホの使用料や本体価格の月賦の高さにも疑問を感じます。

格安スマホにして大幅コスト削減に成功

今は格安スマホにし、通信料なども自分の使用量に見合ったものにしたので、スマホでも料金は月額2500円程度しかかかっていませんが、スマホ代やネット代はもう少し安くてもいいと思います。特にスマホについては、三大キャリアは使いもしない余計なオプションが多すぎる気がします。

やはり今の時代、通信費がバカにならないと思っています。実際のところ自分だけではなく子供の分だったりを一緒の請求にしてしまうと、かなりの金額になってきます。

 

高校になると普通に授業でオンラインでの問題を解いたり、また、宿題をやったりをするので、すぐにギガの利用がアップして金額もそれと共にアップしてしまいます。家族割りとか各携帯ショップなどでうち出してますが、結局のところ値段は安くなっているのかもわからない感じです。家電を今は使ってる人が居ないほどスマホの使用率は上がっていると思います。

もう少し金額が低料金にならなければ、生活の質も変わってきてしまうと思います。やはり15000円前後の金額になってくるとスマホ代でこの金額かぁと思ってしまいます。なぜこんなにもスマホが高額なのでしょうか?

 

機能が優れていて使い方が難し過ぎて使えなかったりしている人も私の回りにはたくさんいます。電話とメールだけとかの人も。やはり低コストでの使用が消費者としては望むところです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました